NEWS

2021.04.29 NEW! お知らせ

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2) 抗原検査

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2) 抗原 検査の自費診療開始(2021年1/14~)


検査項目;SARS-CoV-2  抗原

検体  ;鼻咽頭

検査方法;SARSコロナウイルス抗原キット

判定時間; 0日 約15~30分(検査試薬により時間が異なります、現在15分の検査試薬を使用中)

検査費用;13,200円(税込)、自費診療領収書は院内書式のみ(会社名での発行は致しません)、現金のみ(クレジットカードや電子マネーは使用不可)。


予約制   ;電話予約(来院直前にも電話連絡要。予約時に携帯電話番号をお知らせ下さい)

持参品   ;保険証(お持ちでない方は運転免許証、パスポート等の身分証明書)


検査結果は当日手渡しできます。

検査結果証明書(陰性証明書)または診断書が必要な方は発行可能(別途税込3,300円)


キャンセルポリシー【cancel policy】

予約してキャンセルされる場合(無断キャンセル:ノーショー(No Show)を含む)は、キャンセル料(検査代金の10%)を頂きます。キャンセルされる場合は、必ずご連絡下さい。

予約日の前日最終診療時間までのキャンセル連絡がある場合:無料、当日キャンセルはキャンセル料発生します。


性別不問;男性一人でも可。




抗原検査とは?

新型コロナウイルスに感染しているかどうかの簡易検査が抗原検査です。

PCR検査とともに、新型コロナウイルス感染症の確定診断に用いることができます。そのため新型コロナウイルス感染症と思われる症状が発症した方でも、発症2日目~9日目の間にこの検査で陰性となった場合には、その時点では新型コロナウイルス感染症ではないと言い切ることができます。


 鼻咽頭から検体を採取し、約15~30分で結果がでます。
素早く検査結果が得られることが特徴です。
▼抗原検査はこんな方に検査は一部に偽陰性や偽陽性が出ます。つまり、感染しているのに陰性と出たり、感染していないのに陽性と出たりすることがあります。新型コロナウイルス抗原検査はPCR検査と比べより多くのウイルス量が必要とさあれ、精度は劣ります。
そのため、症状のない方での検査は現在のところ推奨されておりません。
 
抗原検査はPCR検査の前に行うスクリーニング検査としてお勧めします。ただ、抗原検査で陽性と出た患者さんは新型コロナウイルスに感染していると確定診断されます。



PCR検査との違いは下の表をご覧ください。

  • 検査種類       抗原検査                   PCR検査

〇調べるもの  ウイルスを特徴づけるたんぱく質(抗原)  ウイルスを特徴づける遺伝子配列

〇精度     検出には、一定以上のウイルス量が必要   抗原検査より少ない量のウイルスを検出できる

〇検査実施場所 検体採取場所で実施            検体を検査機関に搬送して実施

〇判定時間   約30分                  数時間+検査機関への搬送時間


KYレディスクリニック 一緒に来院赤ちゃんの健やかな発育と、女性の健康のために。