受診について

診療について

緊急避妊ピルについて

  • 緊急避妊とは何ですか?

    緊急避妊とは、避妊をしないで性交してしまった、コンドームが破れたなど避妊の失敗が起こった、レイプをうけたなどの性交後に、緊急処置として妊娠を防止するという方法です。
    その最も一般的な方法が、緊急避妊ピルと呼ばれるものです。時には、子宮内避妊具も使用されることがあります。
    すべての緊急避妊法は、無防備な性交後、数日以内に行われなければなりません。これは、大抵の女性にとって有効で安全な方法です。

  • 緊急避妊ピルとは何?

    緊急避妊ピルとは、黄体ホルモン(レボノルゲストレル)を成分とした薬剤です。

  • どうして、緊急避妊ができるのですか?

    月経周期のどの時期に、緊急避妊ピルが服用されたかによって作用の仕方が異なりますが、例えば排卵を抑制する、受精を妨げるなどが考えられます。
    妊娠の成立とは、受精卵が子宮内膜に着床することを言うのですから、いったん着床してしまったら、すなわち妊娠が成立した場合には、緊急避妊ピルが有効でないことはいうまでもありません。

  • いつ緊急避妊ピルを服用するのですか?

    最初の緊急避妊ピルは、無防備な性交後72時間以内(3日以内)に服用しなければなりません。

  • 緊急避妊ピルを服用することで、どの程度の効果があるのですか?

    緊急避妊ピルは妊娠を防止しますが100%というわけではありません。正確に使用した場合でもおよそ0.7%に妊娠を防止できない場合があると言われています。
    仮に、緊急避妊ピルが頻繁に使用されたとしても、経口避妊薬を避妊目的で継続的に使用している女性に比べて妊娠率はかなり高くなります。したがって、この方法は経口避妊薬の代用とはなりません。

  • 緊急避妊ピルは安全ですか?

    安全です。世界では1970年代半ば頃より緊急避妊ピルを使用してきました。ただし、経口避妊薬についても同様ですが、服用してはいけない人や慎重に使用した方がよい人がいますので、不安な方は、担当医にお尋ね下さい。

  • 緊急避妊ピルの副作用とは?

    緊急避妊ピルを服用しますと、一時的ですが気持ち悪くなったり(悪心)、嘔吐する場合があります。その他、下腹部痛や頭痛などがあります。

  • 緊急避妊ピル服用後に吐いてしまった場合は?

    緊急避妊ピル服用後2時間以内に吐いてしまった場合、担当医に相談して下さい。時には追加して服用する必要があります。嘔吐が内服後2時間を経過していれば心配はいりません。既に薬の効果を表していると考えてよいでしょう。

  • 緊急避妊ピル服用後、注意すべき事がありますか?

    残念ですが、緊急避妊ピルが本当に効いたかどうかは、服用後すぐにわかるわけではありません。数日ないし数週間後に月経があって初めてわかります。
    もしも、予定月経が一週間以上遅れたり、心配なことがあれば、速やかに担当医に相談して下さい。

  • 緊急避妊ピルを服用しても効果がなく、妊娠してしまった場合はどうですか?

    緊急避妊ピルは胎児奇形や将来の不妊の原因にはなりません。

  • 緊急避妊ピルを服用した後に注意すべきことは何ですか?

    緊急避妊ピルを服用した後に、無防備な性交が行われたとしても、内服後の性交による妊娠を防止することができるわけではありません。妊娠を避けたいというのであれば、定期的な避妊法の使用を考えて下さい。緊急避妊ピル内服後翌日から経口避妊ピルを飲む方法もあります。

  • どのように緊急避妊ピルを服用するのですか?

    無防備な性交後72時間以内にできるだけ速やかに緊急避妊ピルを服用して下さい。72時間(3日)が既に経過していた場合には緊急避妊ピルの効果が低下します。

  • 緊急避妊ピルの種類は何ですか?

    当クリニックでは2種類の緊急避妊ピルを用意しています。
    ノルレボ錠とレボノルゲストレル錠(ノルレボ錠のジェネリック)があります。海外輸入製品は取り扱っていません。

  • 緊急避妊ピルの価格は?

    ノルレボ錠1.5mg 1錠 9,100円(税抜)、レボノルゲストレル錠1.5mg(ノルレボ錠のジェネリック) 1錠 7,300円(税抜)です。初診料が別途かかります。自費診療ですので保険は使用できません。

  • 未成年の場合の緊急避妊ピル処方は可能ですか?

    未成年であっても本人の希望があれば処方可能です。また、保護者の同伴や同意は不要です。

  • 緊急避妊ピルはいつから日本で使用されていますか?

    従来、日本国内には緊急避妊薬がなかったため、代用薬として高用量の女性ホルモンを服用する方法(ヤッペ法)が広く行われていました。しかし、この方法では避妊効果は低く、吐き気などの副作用もありました。そのため2011年に世界中で使用されている緊急避妊薬ノルレボ錠が日本でも承認され取り扱い開始となりました。
    レボノルゲストレル錠(ノルレボ錠のジェネリック)は2019年3月に日本でも販売開始となっています。それに伴い、ノルレボ錠の価格が大分低下してきました(レボノルゲストレル錠を選択する人が多くなってきたため)。

  • 緊急避妊ピルのノルレボ錠とレボノルゲストレル錠の違いはありますか?

    ジェネリック医薬品(後発医薬)とは、先発医薬品(新薬)の特許期間が終了した後に発売される、先発医薬品と同じ有効成分で効能・効果、用法・用量が原則同一ですが、先発医薬品に比べて低価格な医薬品です。薬の形状、色、味、添加物、パッケージが違います。有効性や安全性に大きな違いはありませんとなっています。しかし、希に、先発品では体に合ったのに、ジェネリックに替えるとことによって薬が合わなかったということも有り得ます。その逆も有り得ます。実際の避妊効果についての科学的データーは有りません。
    当クリニックではどちらにするかは患者さんに選んでもらっています。ジェネリック薬品は約2,000円安いです。

  • 緊急避妊ピル服用後に経口避妊薬を内服する場合は?

    服用者によって①か②を選んでもらいます。
    ①出血があるまで性交を控えることができない場合
    翌日から経口避妊薬服用開始(最初の1週間は避妊効果がないのでコンドームの併用が必要です)
    ②出血があるまで性交を控えることができる場合
    性交を控えて月経様出血があったら経口避妊薬服用を開始します。

  • 緊急避妊ピルは早く飲む方が良いのですか?

    性交後72時間以内に内服すれば約85%の避妊効果があると言われています。しかし、経時的にみると早く飲めば避妊効果が高い事がわかっていますがあまり知られていないようです。

  • 緊急避妊ピルの妊娠阻止率は?

    妊娠阻止率とは排卵日(危険日)付近での性交での妊娠を防ぐ率です。
    72時間以内に内服すれば全体としては85%となっています。
    24時間以内は95%、25~48時間は85%、49~72時間は58%
    そのため、早く飲む方が妊娠を防ぐ率が高くなっていることが一目瞭然です。

  • 緊急避妊ピルがすぐ欲しい場合は?

    市中で安く売られている薬は粗悪品も多いと聞きますので購入されないことをお勧めします。
    当クリニックでは問診などをしたうえでの処方可能と診断した人にのみに処方します。ネットやバイク便での処方はしていません。土日祝日も可能な限り診療していますので診療時間内にお越しください。土日祝日の夕方6時くらいまでクリニックにいることも多いので診療時間外でも電話に出ることが可能な時もあります。緊急の場合はダメ元で電話してみて下さい。

  • 受診前に問診票を書くことができますか?

    2つの方法が可能です。

    • 問診票のWordを記入してkylc@ky-lc.jpへメールして下さい。Download
    • 問診票のPDFデータをダウンロードして印刷し、記入したものを当日ご持参ください。Download

人工妊娠中絶について

  • 最短でいつ手術できますか?

    同意書などの書類が揃っていれば、最短で診察の翌日に手術日を設定できる可能性がありますが、一般的には数日から1週間くらいです。

KYレディスクリニック 一緒に来院赤ちゃんの健やかな発育と、女性の健康のために。