NEWS

2024.07.11 NEW! お知らせ

RSウイルスワクチン 接種開始しました

RSウイルスワクチン(アブリスボ®筋注用)

赤ちゃんが感染するウイルスのことはご存知でしょうか。

RSウイルスは、呼吸器の感染症を引き起こすウイルスです。

 

2歳までに誰もが一度は感染するありふれたウイルスですが、

特に生後6ヶ月以内の乳児や高齢者は重症化しやすいと言われています。

 

ひどい咳や呼吸困難を伴い、重症化すると入院が必要になったり、人工呼吸器が必要になったりするケースもある、実は怖い病気です。

 

保育園などで流行することもあり、お子様のいるご家庭では経験があるかと思いますが、見ていてすごくつらいです。

 

2024年1月に、このRSウイルス感染症の重症化を予防するワクチンの承認がおり、そんなRSウイルスのワクチンが登場しました。

 

このワクチンを妊娠中にうっておくと、お母さんの中和抗体が胎盤を通じて赤ちゃんに移行し、出生後の赤ちゃんを、RSウイルスの重症化から守ってくれます。


接種対象:ご妊娠中のかた(28週〜36週 30週前後をお勧めします)

     お住まいのご住所に関わらず接種可能です。

     当院で健診を受けていない方も接種できます。

 

接種回数:1回で完了

服装 :肩の出しやすい服装でご来院ください。

 

持ちもの:母子手帳(妊娠週数と経過の確認のため使用します)

 

RSウイルスワクチン(アブリスボ筋注用) ¥35,100(税込)

(初診料、医師の診察込みの価格)自費診療です。


自費診療の料金表:予防接種のところに、ワクチン発注依頼メールの方法が記載されていますのでそちらをご参照ください。

ワクチン接種希望
KYレディスクリニック 一緒に来院赤ちゃんの健やかな発育と、女性の健康のために。